Isang Lahi

逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ

NEWER POSTS | PAGE-SELECT | OLDER POSTS

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レストランじゃないCASA

何処に連れていかれるんだろう?
暗い夜道を青ジョリについて歩いていくと、「あれ?間違えたかも?」

しかし青ジョリの頭からは、その手のお店の情報は消えないようです!


看板も無いお店?の前で青ジョリが男と交渉しています。

「2000だよね?」
「2500」
「じゃ、チップ無しで2500」
「OK」

手慣れています青ジョリです。


入店すると、男が「チョット待って」とウエイティングです。
「混んでるのかな?それにしては静かだし?まだ開店してないのかな?」

準備が整ったらしく奥に案内されソファーに腰を下ろします。
先客も二人程居たような気がします?


「店内明る過ぎっ!ってか、女の子いないじゃん!」

と思ったら、なんかブザーが鳴って女の子がゾロゾロ出てきて身振りでアピールしています。


誰が席に着くでも、「ご指名は?」「お飲み物は?」なんて声を掛けられることもなく・・・?
先客もスタッフの男も青ジョリも無言です・・・
女の子達も手を振ったりはしていますが、「ハイ!クヤー」なんて声も聞こえず・・・?

「あのー?どういう状況なんでしょうか?」
「気に入った女の子がいたらお持ち帰りで、2500ですよ!」
「あのー?ここでビール飲んだりとかは?」
「タバコなら吸って大丈夫ですけど」
「あー、そうなんですか・・・」
「気に入った子いますか?」

血走った目真剣に品定めしている青ジョリ

「あ、いや、あの、このままお店出ても2500払うんですか?」
「いや、それならタダですけど・・・イイ子いませんか?」
「ええ」

不満そうな青ジョリですが、ベストマンが気に入らないんじゃと渋々店を出ます。

「ダメでしたか?僕は一人ピンと来た子がいたんですけど」
「あ、じゃ、どうぞ戻ってお持ち帰りください」
「まあ、そこまでではないので・・・(ちっ)」
「どうも、ただお持ち帰りっての、システム的に苦手です」

初カーサ(置屋)体験終了。


「じゃ、兄さんお気に入りのあそこ行きますか?」



タクシーでエドコンに向かいます。

ファミレスCASAでもお気に入りの娘が見つかればお持ち帰り出来るのでしょうか(^^;


| Philippines | 11:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

不満そうな青ジョリさん

「いきなりお持ち帰り」が苦手なB兄の気持ちよくわかります。
一方、青ジョリさんの気持ちも良くわかります(このシステムお気に召さなかったのネ。ちっ、喜ぶと思って連れてきてやったのに、こいつ、ちょーめんどうくせー)。

| Laway | 2010/12/24 08:31 | URL | ≫ EDIT

Laway先輩

いやー!流石ですね!
正しくその通りだと思います!

「ちっ」から始まる一文。もろ、生へろ的表現です!

| balikbayan | 2010/12/25 01:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://balikbayan.blog91.fc2.com/tb.php/651-d5dfd4ce

TRACKBACK

NEWER POSTS | PAGE-SELECT | OLDER POSTS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。