Isang Lahi

逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ

NEWER POSTS | PAGE-SELECT | OLDER POSTS

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「結局、僕はこれに乗るしかないのか?」

『何故エヴァと潜水艦に乗るのか?』

マサアキ 「ヒロユキ(仮名)が乗れって言うから」
 『だからエヴァと潜水艦に乗るのか?』
マサアキ 「それがヒロユキ(仮名)の為なんだからいいじゃないか」
 『ヒロユキ(仮名)の為にエヴァと潜水艦に乗るのか?』
マサアキ 「そうだよ、いいことじゃないか。とってもいいことじゃないか。そうすればヒロユキ(仮名)が褒めてくれる。大事にしてくれるんだ」

アスカ 「嘘ね」
マサアキ 「…」
アスカ 「あんたバカぁ?結局、自分の為じゃないの」
マサアキ 「…」
アスカ 「そうやって、またすぐに自分に言い訳してる」
マサアキ 「そっかな?」
アスカ 「他人の為に頑張ってるんだと思うこと自体、楽な生き方してるって言うのよ」
マサアキ 「そうなのかな?」

アスカ 「要するに○○ちゃんが結婚しちゃって寂しいのよ、マサアキは」
マサアキ 「そうなのかな?」
アスカ 「そんなの、ただの依存、共生関係なだけじゃない」
マサアキ 「そうかもしれない」
アスカ 「自分が人に求められることをただ望んでるだけじゃないの」
マサアキ 「そうかもしれない」
アスカ 「人から幸せを与えられようと、ただ待ってるだけじゃないの。偽りの幸せを」



『マサアキが失っているもの』
『喪失した心』
『その心の空白を埋める』
『心と、魂の、補完が始まる』
『全てを虚無へと還す』
『マサアキの補完が始まった』

| Diary | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://balikbayan.blog91.fc2.com/tb.php/152-6a76d2ff

TRACKBACK

NEWER POSTS | PAGE-SELECT | OLDER POSTS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。