Isang Lahi

逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「何かがあるかもしれんぞ」

アクセス解析で、検索キーワードを見たら

チャチャーチャチャチャッチャー」ってゆーのがあった。

・・・

・・・

・・・


何についてググってたんだろう?


ってゆーか

・・・

・・・

そんなキーワードでググると、一番最初に表示されちゃうこのブログって・・・

スポンサーサイト

| Diary | 01:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィリピン旅行 注意書き(まとめ)

さて、数回に分けてフィリピン旅行する際の日本出国から帰国便搭乗までの注意を書いてきましたが、某Uさん、行きたくなりましたか?

主にNWAやJALで渡比した際に使われるターミナル1での事を書きました。
PAL利用ですとターミナル2の使用になりますので、おかしな輩は比較的少なくなると思います?


まあ、経験談を交えながら思いっきり主観で書いたので、人によってはノートラブル、または、もっと酷い目にあった人もいるかもしれません?

欧米なんかだと、ボブ・サップやタイソン、エメリヤーエンコ・ヒョードルみたいな人が多いので圧倒されますが、フィリピン辺りだとあまりガタイのいい人はいないので、そういった意味ではあまり怖くないです。
どちらかといえば、JALで渡比する日本人のオジサンの方が怖そうな人が多いです(^^;
チップ要求も、何人かに声を掛けて、その内の一人でも千円もらえればラッキー程度の考えだと思うので、不当な物には毅然と断ればそれで済むし、フィリピン慣れしてそうな人にはあまり声を掛けないです。



ボッタクリやチップ要求など、悪いところばかり書いてしまいましたが、良い人や良い事、楽しい事がいっぱいありますから、是非GOしてくださいね!

| Philippines | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィリピン旅行 注意書き(チップ編)

日本人にはあまり馴染みのないチップ制度です。
日本円にしたら大したことのない金額のチップで楽しさが増すこともありますよ。


10ペソ(約30円)渡して、「サンキュー」と事務的に言われるより、100ペソ渡して大喜びされて、最安の水シャワーの部屋を選んだのに「クヤは特別だ!」とシャワーのお湯が出るようにしてくれたり(温水のコックの場所知ってるから、出るようにしてくれなくても自分でやっちゃったけど(^^;)、出かける時に「どこ行くの?」とか、「今度いつ帰ってくるんだ?」とか話しかけてくれた方が楽しいです!

ダバオやレガスピ空港でも、ポーターのIDカードに料金25ペソって書いてあるけど、100ペソ渡して「お釣りいらないよ」と言ったら、やっぱり大喜びされて、タクシーのドライバーに「メーターでやれよ!」と交渉してくれました。
「なんで、25ペソのポーターに100ペソもあげて、オレはメーターなの?」と泣きそうに言われたので、「それもそうだね・・・」と余計に払ってあげましたけど(^^;

一週間ほどしてマニラに戻るのに再び空港に戻ると、そのポーターがこちらに気付き「もう帰るのか?楽しかったか?」、「今度いつ帰ってくるんだ?」と話しかけてき、バッグを運ぼうとしたので、「バッグ1個だけだから自分で運ぶよ」と言うと、「ダイジョウブ、カウンターまで持って行くよ。お金はいらないから」と運んでくれました。(IDを見せ、次回は指名してくれよ!と言われましたけど)

むやみにチップを払う必要はないですが、ホテルのスタッフとかには、どうせあげるんだったらチョット多めにあげると色々融通が効きますよ!



バカじゃん!と思ったのが

柄の悪い宿泊者が多いのであまり好きじゃない Riviera Mansion に泊まった時、柄の悪い日本人オジサン3人とフィリピン人の女の子3人のグループがフロントに頼んで手配したタクシーが高いと言って大騒ぎしていたことです。

ロビーで電話をしようとしたところ、「ふざけるなっ!」という怒鳴り声が耳に入ってきました!
「なんで600ペソなんだっ!500だろーがっ!」
フロントが手配したタクシーがオジサン的には正規料金500ペソのところ、600ペソと100ペソもボッタクっていると怒り狂っているようです・・・
フロントのスタッフが「FX Kasi...」と、FX(パジェロみたいな車)だから普通のタクシーよりちょっと高いのは仕方ないと言ってるのですが、納得いかないようです・・・
「キャンセルだっ!日本人なめてるのかっ!」と叫き散らし表に出て行きました。
一行が出て行った後、スタッフと "┐( -""-)┌ ヤレヤレ" と話してました。

500ペソのところ1000ペソとかだったらわかりますが、たった100ペソで自分もイライラし、ホテルのスタッフにも嫌われたってつまらないじゃないですかね?


せっかくのフィリピン旅行なんだから、楽しく過ごせるようにしたいですね!

| Philippines | 01:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。